fc2ブログ
Accessしませんか?
私が、いつも仕事でお世話になっているデータベースソフト「 Access」の魅力や仕事の様子、日常生活の様子や今思っている事など、ぼちぼちと書けたらなあと思ってます。
最近のプログラム作成状況
今、2件のプログラム作成を同時に進めています。
1つは売掛帳買掛帳管理、もう1つは売上・商品在庫管理、
どちらも、かなり凝った作りになっていて、なかなかややこしいです。
本当は、1件ずつ終わらせた方が効率が良いのですが、そうなると、もう1件がかなり遅くなってしまいます。
それに、プログラムは一方的に、こちらで作るものではなく、お客さんにもチェックしてもらったり、データを入力してもらったり、して頂く事も多いので、ある程度、進んだ段階で、お客さんにプログラムをお渡しし、お客さんの方でチェック等して頂いている間に、もう一方のプログラム作成を進める、
その繰り返しで進めています。
なかなか大変ですが、両方とも、完成すれば、かなり便利に使って頂けそうで、楽しみの方が大きいです。
スポンサーサイト



打ち合わせの待ち時間
今日は、お客さんのところに打ち合わせに行ってきました。

このお客さんは最近、会社の引っ越しがあったのですが、こういった場合、私が最初にする事は、近所に適当なファミレスか喫茶店がないか、探す事。

というのも、この会社も、そんなに家の近所では無く、車で1時間程かかります。
打ち合わせ時間を設定して、ちょうど、その時間に行こうとしても道路の混雑とかで遅れる事もある訳で、絶対に打ち合わせに遅れないように行こうとすれば、かなり余裕を持って行かなければなりません。

ただ、その場合、当然、早く着き過ぎる事が多い訳で、早く着き過ぎたからといって、打ち合わせよりも早い時間に、お客さんのところに行けば、気を使わせたり、慌てさせる事になるので、時間潰しの場所が欲しいのです。

今回の場合、会社から5分くらいのところに「サイゼリア」があり、条件にちょうどピッタリ。
これから、お世話になると思います。
Access2010でのカレンダーコントロールについて
Access2000から、カレンダーコントロールというものが使えるようになりました。
これは、フォームで日付型のデータを入力する際、
カレンダーが表示され、マウスでクリックするだけで済むという、大変便利なものですが、
これを作るには、このカレンダーコントロールをフォームに貼り付けて、
さらに、それを操作するにはモジュールを使わなければならず、
初心者の方には、ちょっとハードルが高いものでした。

それでも、一旦、作ってしまえば、日付を入力する全ての場面で流用出来ますし、
モジュールを使うからこそ、自分の都合の良いように作る事が出来るので、
私の作るシステムにも取り入れて、それなりに便利に使わせてもらっていました。

そして、Access2007が出た時、
この「日付をカレンダーから入力する」
という支援機能が標準で装備されるという事で、期待していたのですが、実際に使ってみると、
設定こそ簡単で、モジュールを使う必要もないのですが、
元々のカレンダーコントロールでは、「年」と「月」の両方を選択して、
その月のカレンダーを表示する事が出来るのに対して、
この新機能は、
「開いたカレンダーが月単位でしか移動出来ない」
という致命的な欠点がある事に気が付きました。

何故、それが致命的かと言うと、
最近の日付を入力するだけなら問題ありませんが、
例えば生年月日を入力するには、数十年前のカレンダーを表示しなければなりませんが、
カレンダーコントロールなら、「年」と「月」を選択すればいいだけですが、
新しい、カレンダー入力だと、月毎にしか移動出来ない為、
10年前に遡ろうと思うと、「120回クリックしないといけない」事になります。

という事で、このカレンダー入力の機能は不採用とし、
Access2007以降も、従来のカレンダーコントロールを使っていました。

ところが最近、お客さんから
「Access2010で、このカレンダー入力の機能が使えずエラーが出る」
という報告を受けました。

私のパソコンではAccess2010でもちゃんと動作していた為、最初は、
お客さんのOSがWindows7に対して、私のパソコンがWindowsXPだった為、
「Windows7とAccess2010」の組み合わせではうまく動作しないのでは?
と思いました。

しかし、別のWindows7のパソコンで試してみると、ちゃんと動きました
????

そして、Access2010で、カレンダーが動作するパソコンで共通しているのは、
「Access2007以前と同居させている」
という点である事に気が付きました。

どうやら、
Access2007以前のソフトが入っている状態で、Access2010もインストールしておけば、
Access2010を使った時に日付コントロールも使える
という事のようです。

※実際に、今、使えていないパソコンで試してはいないので、推測の段階ですが・・・

どちらにしても、不具合の出た、お客さんも、わざわざ、2007をインストールするつもりも無いようなので、
2007以降の日付入力支援に切り替えていく事になりました。


その後、インターネットで調べてみると、Access2010では、このカレンダーコントロール機能は
削除したようなので、
2007が入っているパソコンで使える事が、「たまたま」という事なのでしょうか?

ちなみに、2010になっても、日付入力支援機能のカレンダーは、月単位でしか移動できないままです。

前の機能を削るなら、新しい機能も十分にしておいてもらいたいものです。

まだ、深く調べ込んだ訳ではありませんので、もしかしたら、別の原因かも知れませんが・・・

久しぶりのホームページ更新
本当に久しぶりにホームページの「Access講座」を更新しました。
とは、言いましても、1項目、追加しただけですが。

時間に余裕ができた訳でもないのですが、最近、「Accessを覚えたい」という方の声を多く耳にするようになり、また、このようなテキトーなホームページの内容でも、喜んで頂ける人もいるようで、「少しずつでも頑張って充実させたいなぁ」と思うようになりました。

とは言いましても、目の前の頼りにして下さる、私のお客さんの仕事が最優先ですので、実際に、どれだけできるか?
私にも分かりません。
講習会を終えて
昨日、京都に行ってきました。
Accessの講習会をする為です。

実は、昨年の9月頃、京都の、ある大学の大学院生の方から「Accessを教えてほしい」という依頼を受けて、一ケ月もしくは二ケ月に1度程度の頻度で、講習をさせて頂いていました。

「5回程度で」との事で、昨日は、その最終回でした。

私の家から、講習会場の大学まで、片道3時間、往復6時間かかります。

講習時間は2時間程ですが、この移動時間と電車賃の分、余分にかかってしまう為、割高になってしまうのですが、
「受講者が複数人数なので、それでも大丈夫です」
との事で、移動分も支払って頂く事になり実現しました。

とは言うものの、1対1なら、ある程度、その場で要望を聞きながら進める事が出来るのですが、5人~8人程度とは言え、複数人数ですと、前もって講習内容を検討したり、サンプルの例題を作ったりで、なかなか時間がかかり、通常の仕事に比べると「割に合うもの」とはなりませんでした。

でも、なかなか貴重な体験でしたし、色々と勉強になりました。
また、講習を受けられる方、皆さん、大変熱心で、色々と勉強しなければならない事が多い立場でありながら、更なる勉強をされる姿勢には見習う点が多々あり、金額以上のものを得た気がします。

ただ、複数人数でしたので、全ての人に満足して頂けたのか?その点は疑問です。どんな形でもいいので、是非、この講習が何らかの役に立って頂ければと思います。

宅急便
この間、家を留守にして、帰ったところ、宅急便の不在通知の紙が入っていました。
留守中に宅急便が送られてきたようで、送り主は、私のプログラム作成のお客さんからでした。

何の連絡も受けていなかったので、どんな用件かは分かりませんでしたが、
とりあえず、不在通知に書いてある電話番号に連絡し、届けてもらいました。

すると、中身は何と、お歳暮でした。

本来は、私が仕事をもらっている訳ですから、私の方がお礼をしなければならない立場なのに、
お客さんの方から、こんな事して頂いて・・・

早速、お礼の電話を入れると、
「いつも無理を聞いてもらって助かります。本当に便利にしてもらってありがとうございます。」

この仕事をやっていて、本当に喜べる瞬間です。
いいお客さんに恵まれて幸せです。
ちょっと忙しくなってきました
ちょっと仕事の方が忙しくなってきました。

ホームページに掲載しているAccess講座
本当は、まだまだ書きたい事もいっぱいあるのですが、しばらく更新の頻度はさがりそうです。

でも、
空いた時間にちょっと更新
という事もあるかも知れません。

まぁ、気長に書いていくつもりですので、そのつもりでお付き合いを。

Windows7+Access2010 その後
Windows7+Access2010のパソコンの件ですが、その後、色々と検証をしてみました。

Access2000で作成したデータベースを、Access2010で、そのまま使おうとすると、前回、報告したようにデータ量の多いフォームが開きませんでした。

そこで、Access2010でデータベースを新規作成し、そのデータベースに今まで使っていたAccess2000のデータベースの各オブジェクトをインポートしたところ、今度は、ちゃんと動くようになりました。

AccessのデータをWordに差込印刷する機能と、ドットプリンタへの送り状印刷に関しては、まだ、検討の余地がありますが、とりあえず、最低限の機能までは、これで使えます。

もう少し、様子をみていきたいと思います。
Windows7+Access2010
私のお客さんのほとんどは、
OSは、WindowsXP
Accessのバージョンは2000・2002・2003
です。

Vista・Windows7
Access2007・2010

の方は、ほとんどいません。

要するに、ここ10年、魅力的な機能向上は、ほとんどされていない
という事でしょう。

しかし、さすがに最近は、WindowsXPを搭載したパソコンも減少してきて、
また、Access2000は、Vista以降は使えない事は判明しています。

今後の事を考えて、
Windows7+Access2010
のパソコンを1台、導入されたお客さんがいます。

そのパソコンに、Access2000で作り、今まで使ってきたデータベースを入れてみました。

結果、
一応、動作しますが、非常に遅く、データ量の多いフォームが開きませんでした。

パソコンのハード面の問題なのか?
ネットワークなのか?
プログラムを1から作り直さなければならないのか?

これから、調査しなければなりません。
Access講座 進捗状況
私のホームページに記載している「Access講座」、講座という程、大したものではありませんが、やっと60程の項目を記載し、ちょっと、読める程度になりました。

http://masuda-vba.c.ooco.jp/kouza/kouza.html

項目によっては、私自身、どうしても分からなくて、本やインターネットで調べて、それでも分からず、時間をかけて、
「やっと分かった!」
そんな内容もあります。

同じ事で悩んでいる人に少しでも役立ててもらえばと思いますし、書きたい内容は、まだ沢山あるのですが、1項目書くのにも、結構、時間がかかりますし、空いた時間に書いているので、なかなか進みません。

ぼちぼち、増やしていこうとは思っていますので、長い目で見て下さい。