fc2ブログ
Accessしませんか?
私が、いつも仕事でお世話になっているデータベースソフト「 Access」の魅力や仕事の様子、日常生活の様子や今思っている事など、ぼちぼちと書けたらなあと思ってます。
Windows7+Access2010
私のお客さんのほとんどは、
OSは、WindowsXP
Accessのバージョンは2000・2002・2003
です。

Vista・Windows7
Access2007・2010

の方は、ほとんどいません。

要するに、ここ10年、魅力的な機能向上は、ほとんどされていない
という事でしょう。

しかし、さすがに最近は、WindowsXPを搭載したパソコンも減少してきて、
また、Access2000は、Vista以降は使えない事は判明しています。

今後の事を考えて、
Windows7+Access2010
のパソコンを1台、導入されたお客さんがいます。

そのパソコンに、Access2000で作り、今まで使ってきたデータベースを入れてみました。

結果、
一応、動作しますが、非常に遅く、データ量の多いフォームが開きませんでした。

パソコンのハード面の問題なのか?
ネットワークなのか?
プログラムを1から作り直さなければならないのか?

これから、調査しなければなりません。
スポンサーサイト



パソコンの入れ替え
お客さんから、「パソコンを入れ替えたので、設定しなおしてほしい」との依頼で、行ってきました。

その、お客さんはかなりパソコンに詳しいので、あらかじめオフィースのインストールとかバックアップソフトの設定とかは、やっておいてくれたのですが、それでも、プログラムの設定やリモートコントロールソフトの設定、プリンタの設定など、結構時間が、かかってしまいました。

プログラムの作成にしても、そうなんですが、コンピュータの出現によって、色々な事が自動化されるようになりましたが、一番、未だに手作業が多いのは、コンピュータ業界ではないのでしょうか?
衝動買い
人によって、物の価値というものは違うもので、
「服にお金をかける人の行動に理解できない、もったいない」
と言っている人が、ギャンブルには惜しみなく、お金を使ったり、
旅行にお金をかける人、趣味のコレクションにお金をつぎこんだり、
人それぞれ。

要するに、必ずしも、
その人が考えるその物の価値=実際の値段
にはなっておらず、
その人が考えるその物の価値-実際の値段
この値が大きい程、人は簡単に物を買ってしまうのではないでしょうか?

衝動買い、
私の場合は、「本」でしょうか。
まあ、これは多くの人が賛同されるところだと思いますが、変わっているところで、
「ハードディスク」が挙げられます。
コンピュータの記憶装置のハードディスクです。

別に頻繁に買うという程では無いのですが、サイズが1ランク上がる度に、ついつい買ってしまう傾向にあります。

自分で、「何故、欲しくなるのだろう?」
と過去を振り返ってみました。

元々、私が最初に買ったハードディスクは20メガバイトで10万円くらいでした。
もう20年以上前の事です。

ギガでは無くメガです。
最近は2テラくらいが主流ですから、
10万分の1の容量で値段は5倍
驚くべき数字です。

それでも、それまではフロッピーにしか保存出来なかったものが
1つの装置に、しかも高速で保存できる
という事で画期的でした。

まあ、OSがフロッピーだけで使えた時代ですから、それなりに保存はできた訳ですが、それでも、すぐに一杯になり、常にバックアップしたりデータを整理したり、やりくりしていた記憶があります。

そのうちに、40メガ・80メガ・100メガ
と容量が増えてきて、
「すごいなあ~、安くなったなあ~」と関心していました。

その頃の感覚では200メガでも、すごく価値がある印象があって、
(今ではUSBメモリやSDカードでも、もっと大きいのに)
未だに、どこかで、その感覚が残っていて、
今の容量の今の値段のハードディスクが
すごく安くて価値が高いもの
と思ってしまうのでしょう。

まあ、ハードディスクに限らず、パソコン製品全般に共通する感覚では、ありますけど。
バグ
「バグ」、聞きなれた言葉だと思いますが、ウィキペディアで調べたら、

バグ (英: bug) とは英語で虫の意であり、転じてコンピュータプログラムの製造(コーディング)上の誤り・欠陥を表す。また、発生したバグを探して取り除く作業を「デバッグ」 (debug=虫取り) と呼ぶ。

と書いてありました。

要するに、プログラムのミスなんですが、
「ミス」というと失敗・過ちというイメージが強いが、
「バグ」なら、
ある程度、あっても仕方がないもの
というイメージがあって、プログラムの開発者にとっては逃げ道に使える言葉でもあります。

私も開発者の一人として、この言葉の恩恵に預かっているところもありますし、
実際に、数千・数万行にもなるプログラムの中で全くミス無し
という事は困難で、ある程度、ミスが出てしまうのも止むを得ないところもあると思います。
でも、それを当然と思ってしまったら、いけないと思います。

私の場合も、プログラム納品時には、必ず、相手方の担当者に最終チェックをお願いしていますが、
「最終チェックは、そちらの責任ですので、それでバグがあっても知りませんよ」
という意味ではなく、
1行のバグが、場合によって、使用する方に多大な迷惑をかける事になるプログラム作成において、
「こっちも精いっぱいミスの無いように頑張りますが、使用する、そちらの方でも、
しっかりチェックして頂いて、
お互いに頑張って、安定した、よりよいプログラムを共に作っていきましょう」
そういった気持ちでいるつもりです。

私のように1人で作成していても起こりえる「バグ」ですから、OSとかアプリケーションとか、大勢の技術者によって作られる膨大なシステムで「バグ」が発生するのは、やむを得ないところかも知れませんが、製品として売っている訳ですから、それが当然の事に開き直るのは、どうかと思います。

ましてや、そのバグを修正したものが、「サービスパック?」
何で、それがサービスなんでしょう?
フリーソフト バージョンアップしました
私の作成した見積書作成の為のフリーソフト、バージョンアップしました。

詳しくは、こちら
↓↓
http://masuda-vba.c.ooco.jp/freesoft/freesoft.html

時間の合い間に作っているので、これから先、
どの程度、バージョンアップできるか、自分でも分かりませんが、
ぼちぼととやっていきたいと思います。

興味のある方は、どうぞ使ってみて下さい。
「開発者」メニューが表示されない?
Access2007では、マイクロソフトのサイトに「ランタイムモジュール」が無償で用意されていて、
ダウンロードして使用する事ができます。

ここからダウンロードできます → Access 2007 ダウンロード: Access Runtime


このソフトは、既にAccess2007を持っている人には不要なものですが、
Access2007を持っていない人でも、このソフトをインストールする事によって、Access2007で作られたデータベースを動作させる事ができる
というものです。

ただし、このソフトを入れても、新しくAccessのデータベースを作成したり、作成したAccessのデータベースを変更する事は出来ません。

要するに、
〇自分でAccessのデータベースを作ったり修正する必要は無いが、Accessで作ったデータベースは使いたい
という人は、このソフトをインストールすればAccessを購入する必要がない
という事です。

会社で10台のパソコンがあって、1人がAccessでプログラム開発をして、残りの人は、そのプログラムを使うだけ
といった場合、Accessを1本購入するだけで良いのです。

ただ、このランタイムで使用する場合、
Access2007ではセキュリティーが強化され、起動時に
「セキュリティーに影響を及ぼす可能性のある問題点が検知されました。」とメッセージが表示される
という問題点があります。
※その後、「開く」をクリックすれば正常に動作するようですが、起動する度に、このメッセージが表示されます。

正規版のAccessを使用している場合は、このデータベースを保存しているフォルダを
「信頼できる場所」として設定する事により、このメッセージは表示されないようになるのですが、
ランタイム版では、その設定が出来ません。

ランタイム版で、このメッセージを表示しないようにするにはレジストリを変更しなければなりません。

しかし、ここで、もう1つ便利なツールがマイクロソフトでは無償で用意されています。
それは、Accessで作成したデータベースを元に、簡単に、セットアッププログラムを作成できる
というツールで、このツールを使用して作成したセットアッププログラムでインストールした場合は、上記のメッセージは表示されません。
※当然、この操作は、ランタイムで使う側では無く、正規版で作成する側がしなければなりません。

ここからダウンロードできます → Access 2007 ダウンロード: Access Developer Extensions


このAccess Developer Extensionsを、Access2007正規版の入っているパソコンにインストールした後、Access2007を起動し、左上のOfficeボタンをクリックすると、それまで表示されていなかった「開発者」というメニューが表示されるようになります。

その「開発者」のサブメニューとして「パッケージソリューション」というものがあり、それをメッセージに従って操作する事により、簡単に、そのデータベースのセットアッププログラムを作成する事ができます。

後は、そのセットアッププログラムを、各パソコンで実行する事で、作成したデータベースが使えるようになります。
この方法でインストールすると上記のメッセージが表示される事も無くなると共に、Accessのランタイム版も同時にインストールする事も可能なので、独自にランタイム版をダウンロードしインストールするという手間も省け、あまりコンピュータの知識の無い人でも簡単にセットアップする事が出来ます。

随分と長い前置きになってしまいましたが、タイトルの
「開発者」メニューが表示されない?
という事についてですが、
私もフリーソフトを作成する際には、この「パッケージソリューション」のお世話になっているのですが、
ある時、Officeボタンをクリックしても、「開発者」というメニューが表示されなくなっていました。
毎日、使う機能でも無いので、いつから表示されなくなったのか、何が原因なのか、まったく分かりませんでした。
とりあえず、ランタイム版をアンインストールしてみたり、いろいろな事をしてみましたが直りません。

結局、色々と調べて判明した事が、
Officeボタン→Accessのオプション→アドイン
で、
「Microsoft Office Access Developer Extensions COM Addin」
を選択し、下にある「設定」ボタンをクリックします。

「COM アドイン」ウィンドウの
「Microsoft Office Access Developer Extensions COM Addin」
にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

これで、元のように「開発者」メニューが表示されるようになりました。
ふぅ~

なぜ、表示されなくなっていたのか?原因は分かりませんでしたが、結果オーライとします。
それに一つ、勉強になりました。

Word2007
やっとAccess2007のインターフェイスにも慣れてきたといいますか、使っていれば、見た目は大きく変わったように見えても、中身は、従来のバージョンと、あまり変わっていないように感じるようになってきました。
(決して、すばらしいとまでは思いませんが・・・)

そして、この間、お客さんから、「Wordの差込印刷の機能を使って、Accessで作った見積データを元にWordファイルを簡単に作成できるようにして欲しい」という要望がありました。

これは、以前に私がAccess2000&Word2000で作成した事がある機能で、
見積書入力画面で、ボタンをクリックすると、そのデータのWordファイルが作成される
というもので、お客さんは、それを知っていて、要望されました。

Access2007&Word2007の組み合わせは、初めてでしたが、何とか作成する事は出来ました。
ただ、Access2007も、最初、使いにくく感じましたが、Word2007は、更に使い辛い感じがします。
今まであった機能がどこにあるのか、迷いまくりました。
何で、こんなふうにしてしまったのでしょう?

それとも、初めて使う人にとっては、あまり違和感がなく、私の頭が固くなってしまっただけの事なのでしょうかねぇ?
フリーソフトの登録
Access2007を使ったフリーソフトをベクターに登録しました。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se485735.html

見積書を簡単に作成できるソフトです。
作った動機としては、
Access2007版の見積書作成システムの基本形を作りたかったのと、せっかく作るのなら、色々な人にAccessで作ったプログラムを体験してもらいたい
というところからです。

体験とは言いましても、機能に制約をつけている訳ではありませので、「この範囲で十分」という方には自由に使って頂ければと思っています。
Acronis True Image
私が数年前から、気に入って使っているソフトに、Acronis True Image があります。
ハードディスク全体をイメージバックアップ出来るソフトです。
ハードディスクが壊れるといった最悪の事態が起こった時、ハードディスクを交換して復元するにしても、単にデータのバックアップをしているだけだと、そのデータは復元出来たとしても、OSの再セットアップや、ソフトの再インストールなど、膨大な時間がかかってしまいます。それに、バックアップを取り忘れていたり、メールまではバックアップしていなかったり、ソフトの設定をし直すとか、本当に大変な思いをした経験は誰しもあると思います。
True Imageでバックアップしておけば、比較的簡単に復元できるし、イメージでバックアップしているので、データだけではなく、ソフトの設定やメールなど、故障前と同じ状態に戻ります。
バックアップしている最中もパソコンを使う事が出来るし、毎回1からアックアップをとらなくても前回の増分をバックアップする事も可能です。
また、ハードディスクの故障時だけでなく、バックアップデータを仮想ドライブとして参照し、目的のファイルだけ復元する事も出来るので、うっかり消してしまったデータを元に戻す事も簡単です。
最近は1TB以上のハードディスクも安くなってきましたし、そういった外付けハードディスクにバックアップしていけば、毎日、バックアップをとっていっても数か月分保存する事もできます。

と、いい事ばかり書きましたが・・・
このソフト、Ver7.0くらいから使っています。自分でも使っていますし、お客さんのパソコンにもいれて、サポートしています。そして、この間、最新バージョンの「True Image Home 2009」を購入し、自分のパソコンにインストールしたのですが・・・・
インストールすると、いきなりネットワークがつながらなくなりました。
結局、色々と調べた結果、レジストリを変更する事で正常に戻す事が出来たのですが、今度は、確認の為、バックアップしたデータがちゃんと復元できるかテストする為、CDから起動してみると・・・
起動しませんでした。これでは、本当に壊れた時、復元する事が出来ません。メーカーのホームページからソフトを最新版にアップデートしても同じでした。
結局、調べても分からなかったので、メーカーに問い合わせると、メールで、「このファイルをCDに書き込んで使ってみて下さい」との事。使ってみると確かに起動できました。一部のパソコンで使われているビデオボードで、このような現象が出るとの事。
ネットワークがつながらなかった不具合も報告しましたが、やはり私がしたレジストリの変更しかないようです。
そして、最後に、これらの不具合に対応した最新のアップデートの予定を尋ねると、
「今のところ予定はありません」
との事?????
誰でもレジストリをいじれる訳でもない(いじるべきでも無い)し、問い合わせをしないと出てこないファイルって何なんだろう。
しばらく、お客さんのところのTrue Imageは、バージョンアップしないつもりです。
それでも便利なソフトである事に変わりはないし、問い合わせにも、ちゃんと対応してくれています。
まだ、お気に入りアイテムである事に変わりません。
多くのメーカーが優秀なソフトを開発しながら、そのソフトが売れ、会社が大きくなるにつれて、品質が悪くなっていくという事を繰り返しているように思います。
最新版のアップデートファイルは2009年10月22日のままです。(2010年2月24日現在)
是非、安定したバージョンをアップしてもらいたいところです。