fc2ブログ
Accessしませんか?
私が、いつも仕事でお世話になっているデータベースソフト「 Access」の魅力や仕事の様子、日常生活の様子や今思っている事など、ぼちぼちと書けたらなあと思ってます。
Access2010でのカレンダーコントロールについて
Access2000から、カレンダーコントロールというものが使えるようになりました。
これは、フォームで日付型のデータを入力する際、
カレンダーが表示され、マウスでクリックするだけで済むという、大変便利なものですが、
これを作るには、このカレンダーコントロールをフォームに貼り付けて、
さらに、それを操作するにはモジュールを使わなければならず、
初心者の方には、ちょっとハードルが高いものでした。

それでも、一旦、作ってしまえば、日付を入力する全ての場面で流用出来ますし、
モジュールを使うからこそ、自分の都合の良いように作る事が出来るので、
私の作るシステムにも取り入れて、それなりに便利に使わせてもらっていました。

そして、Access2007が出た時、
この「日付をカレンダーから入力する」
という支援機能が標準で装備されるという事で、期待していたのですが、実際に使ってみると、
設定こそ簡単で、モジュールを使う必要もないのですが、
元々のカレンダーコントロールでは、「年」と「月」の両方を選択して、
その月のカレンダーを表示する事が出来るのに対して、
この新機能は、
「開いたカレンダーが月単位でしか移動出来ない」
という致命的な欠点がある事に気が付きました。

何故、それが致命的かと言うと、
最近の日付を入力するだけなら問題ありませんが、
例えば生年月日を入力するには、数十年前のカレンダーを表示しなければなりませんが、
カレンダーコントロールなら、「年」と「月」を選択すればいいだけですが、
新しい、カレンダー入力だと、月毎にしか移動出来ない為、
10年前に遡ろうと思うと、「120回クリックしないといけない」事になります。

という事で、このカレンダー入力の機能は不採用とし、
Access2007以降も、従来のカレンダーコントロールを使っていました。

ところが最近、お客さんから
「Access2010で、このカレンダー入力の機能が使えずエラーが出る」
という報告を受けました。

私のパソコンではAccess2010でもちゃんと動作していた為、最初は、
お客さんのOSがWindows7に対して、私のパソコンがWindowsXPだった為、
「Windows7とAccess2010」の組み合わせではうまく動作しないのでは?
と思いました。

しかし、別のWindows7のパソコンで試してみると、ちゃんと動きました
????

そして、Access2010で、カレンダーが動作するパソコンで共通しているのは、
「Access2007以前と同居させている」
という点である事に気が付きました。

どうやら、
Access2007以前のソフトが入っている状態で、Access2010もインストールしておけば、
Access2010を使った時に日付コントロールも使える
という事のようです。

※実際に、今、使えていないパソコンで試してはいないので、推測の段階ですが・・・

どちらにしても、不具合の出た、お客さんも、わざわざ、2007をインストールするつもりも無いようなので、
2007以降の日付入力支援に切り替えていく事になりました。


その後、インターネットで調べてみると、Access2010では、このカレンダーコントロール機能は
削除したようなので、
2007が入っているパソコンで使える事が、「たまたま」という事なのでしょうか?

ちなみに、2010になっても、日付入力支援機能のカレンダーは、月単位でしか移動できないままです。

前の機能を削るなら、新しい機能も十分にしておいてもらいたいものです。

まだ、深く調べ込んだ訳ではありませんので、もしかしたら、別の原因かも知れませんが・・・

スポンサーサイト



久しぶりのホームページ更新
本当に久しぶりにホームページの「Access講座」を更新しました。
とは、言いましても、1項目、追加しただけですが。

時間に余裕ができた訳でもないのですが、最近、「Accessを覚えたい」という方の声を多く耳にするようになり、また、このようなテキトーなホームページの内容でも、喜んで頂ける人もいるようで、「少しずつでも頑張って充実させたいなぁ」と思うようになりました。

とは言いましても、目の前の頼りにして下さる、私のお客さんの仕事が最優先ですので、実際に、どれだけできるか?
私にも分かりません。